BL修行日記

BLマスターになるために日夜鍛錬に励むノンケの汗と涙の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目を閉じればいつかの海-先達のブログから

今日は、仕事に行ってきたいと思います。休日出勤はさすがにスーツではありません。

先行くお姉様のブログを読んで、BLを見る目を養おうという企画第3弾です。

ではまず、かな様のブログ「やまねこおことわり・別室」から

>崎谷さんはBLジャンル特有の不文律の隅から隅まで把握して、それを最大限に活かす小説を書いてくれるという。
いきなりまったくわからないことが書いてあります。BLジャンル特有の不文律って何?すみれコードみたいなもの?
>崎谷さんがどんなに自分にとって地雷な設定を書こうとも、やっぱり最後の最後でBLの娯楽的な部分やカタルシスを忘れないでくれているところに、強く共感してしまいます。
前の文章に比べれば、こちらはなんとなくわかります。地雷な設定とは不倫のことでしょう。このような生々しい設定は嫌いというのは不思議ではありません。私は好きですが。これで、泥沼で不幸に陥ったらさらにダメダメなんでしょうが、誤解が解けて愛し合えたのがBLの娯楽的な部分やカタルシスなんでしょうね。
>見えない相手に遠慮して、嘉悦さんを傷つけないようこぶしを握ってしまうところなんて、もうくーっ! と読んでいるこっちまで身悶えるばかりでした。
やっぱりかな様も不倫描写で萌えているご様子です。これを読んだとき、島津ゆたかさんの「ホテル」という歌の「あなたの背中に爪をたてたい」という歌詞を思い出しました。

それにしてもBLジャンル特有の不文律。気になります。

次ぎに、にゃんこ様のブログ「にゃんこのBL徒然日記」から
>この成長に、「ブルーサウンド」の存在は大きく関わっていて、大智や真雪が藤木を支えています。
二人の意見はストレートで極端なんですけど、とても誠実なんですよ。

この小説の特徴の一つは、大智や真雪の存在ですね。私もこの二人がいなかったら藤木の恋が成就することはなかったと思います。
>離れていた10年だって決して無駄な時間ではないです。
どんなに遠回りをしても、どんなに辛くても、それは次に進むために必要な時間なのだと思えば今を頑張れるかなぁと、自分自身少し楽になりました。

これは、小説うんぬんよりもブログ主のにゃんこ様の前向きな考えに感心しました。なかなかそうは思えないものです。
>展開もキャラも崎谷先生らしい一冊でした。エロ描写も、どこからどう見ても崎谷先生(笑)
え!そうなんですか!小説は作家によってぜんぜん違う作風がありますが、エロ描写にもあるものなんですか。う~ん。奥が深い。

最後に、かな様、にゃんこ様ありがとうございました。
まことはまたひとつレベルUPできました。 めざせ!BLマスター!
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

まことさん、こんばんは

TBありがとうございました!
稚拙な感想ばかりでお恥ずかしい限りですが、こうして取り上げていただけてとても嬉しいです。

>エロ描写にもあるものなんですか。
ありますよ~。
例えば、崎谷作品の受は喘ぎ方が女性的…とか。
私は分析しながら読む方ではないのですが、エロ描写は他より個性が出ているように思います。
喘ぎ声とか、表現の仕方とか、プレイとか…。
そういうところに注目してみるのも、面白いかもしれませんね(笑)

私も、嵌った頃は何を読んだらいいか分からず戸惑いました。
このジャンルに限った話ではないですが、作品の完成度はピンキリですし、話の方向性も作家さんやレーベルによってかなり違いがあります。
自分の好みを把握するまでが大変だとは思いますが、BLマスター目指してがんばってくださいね!

こちらからもTBさせていただきます。
それでは~

にゃんこさん、おはようございます。
コメントありがとうございました。ブログの初コメントです。とてもうれしいです。

勝手にブログから引用させていただいているので、不愉快に思われる方もいるのでは?と心配していました。よろこんでいただけて幸いです。

稚拙だなんて、とんでもないです。BLの超初心者の私にもよくわかる感想でした。何にも知らない人が理解できる文章を書くのはとても難しいです。
特に、読んでいて響いてきたのは、単なる小説の印象ではなく、自分の生き方に繋げている部分でした。すごいです。

私はまだBL小説を読み始めたばかりで、個々の小説の細かい違いを読み取るに至っていません。何十冊も読めば、作家さんの個性もわかってくると思います。

この『目を閉じればいつかの海』は、BLブロガーの方にご紹介頂いた本です。タイトルも表紙も裏の紹介文も目を引くものではないので、ご紹介がなければ決して読まなかったと思います。実際読んでみたらとても良い本だったので、よく知っている方のアドバイスは貴重だと、実感しました。

TBもありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bluebird0003.blog91.fc2.com/tb.php/14-8a7b7b07

目を閉じればいつかの海

目を閉じればいつかの海 (角川ルビー文庫)崎谷はるひ 角川書店 2004-09-28by G-Tools 実はずっと未読本の山に埋もれていました。 もっと早く読めば...

 | HOME | 

プロフィール

まこと

Author:まこと
天地人がきっかけでBL修行の道をすすむ男。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

小説 (15)
天地人 (1)
買い物 (2)
しおり (1)
未分類 (1)
自己紹介 (1)
雑談 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

メールフォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。