BL修行日記

BLマスターになるために日夜鍛錬に励むノンケの汗と涙の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何でやねん-先達のブログから

台風が近付いていますが、雨にも負けず、風にも負けずBL修行です。

先行くお姉様のブログを読んで、BLを見る目を養おうという企画第6弾は、久我有加さんの『何でやねん』です。

まず、ぷり様のブログ「BL Diary」から
>関西弁のせいかなのか、相川が男前なせいなのか、何事にも直球で表現される気持ちが本当にダイレクトに響いてきます。
この作品の特徴は大阪弁でしょう。大阪弁は気取らずに本音を言っている雰囲気が標準語よりもよくでますね。キツイこと言っても許せる感じもします。それもこの作品を感じのいい青春小説にいている一因でしょう。
>最後のプロポーズ話(違います)もますますへたれ攻めと男前受けの差が顕著になっておりました。
こういうカップルを「へたれ攻めと男前受け」というのですか。まだまだ専門用語にウトイ私です。
>脇キャラの優勝が素敵眼鏡でものすごくツボでした。飄々とした性格も好みで。彼、ホモになってくれないかなぁ…。
前半は激しく同意ですが、後半は不同意です。

続いて、山下雪菜様のブログ「BLでなきゃダメなの」から
>これって、『The MANZAI』のオマージュ!?受け(=ツッコミ)に漫才の相方になってくれと迫る攻め(=ボケ)に、漫才が嫌で逃げる受けの構図が同じ。
この作品を考えるにあたって、あさのあつこさんの『The MANZAI』は出さざるをえないでしょうねぇ。「腐女子読み」もできる本のようですし…。
>「漫才」としての笑いは、『The MANZAI』の秋本・瀬田コンビの方がダントツ上。
それはまあそうでしょうねぇ。天下のベストセラー作家あさのあつこさんですから。
とはいっても、BL小説は恋愛が主ですから、そこに力を入れざるを得ないというのもありますね。
>Hシーンで、相川の気持ちが大阪弁で語られてるところにちょっと萌え。だって、Hシーンでも相川がオトコマエに見えるんだもーん。「熱い。熱うて死にそうや。」とか「くそ、俺かて、もっと触りたいのに・・・・・!」とかね。
やっぱり大阪弁効果は高いようです。

最後に、ぷり様、山下雪菜様ありがとうございました。
まことはまたひとつ経験値を増しました。 めざせ!BLマスター!
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

 | HOME |  »

プロフィール

まこと

Author:まこと
天地人がきっかけでBL修行の道をすすむ男。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

小説 (15)
天地人 (1)
買い物 (2)
しおり (1)
未分類 (1)
自己紹介 (1)
雑談 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

メールフォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。